信州の風景

信州の風景を発信しています。

日本に見られる67,101人もの超過死亡数はコロナ感染死が原因ではない 〜 追加接種後10週間後に超過死亡が観察されていた

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本に見られる67,101人もの超過死亡数はコロナ感染死が原因ではない 〜 追加接種後10週間後に超過死亡が観察されていた


ワクチン接種後の薬害情報が明らかにされ始めました。CDCによると、接種者1000万人のうち日常生活を送れなくなった人が120万人、学校や職場に行けなくなった人が130万人、医学的治療が必要な人は80万人という凄まじい数字が出ています。またほとんどの国でワクチンのブースター接種の後、超過死亡が急増していることも分かってきました。
 日本では2021年は前年を67,101人上回る死亡数が発表されました。これは東日本大震災のあった2011年の56,054人を上回る衝撃的な数字だそうです。
 小島勢二教授は、コロナによる感染死の増加が超過死亡の原因だとは考えにくいことを解説されています。世界的にコロナが流行し各国で超過死亡が観察された2020年、日本ではむしろ死亡数は減少していました。2022年現在、コロナ死亡数12,195人に対して、超過死亡数は41,919人と感染死を大きく上回っています。また感染研もダッシュボードのデータ上ではコロナ感染死以外に超過死亡の原因があることが確認できます。ワクチン接種が開始された日から超過死亡が観察されるようになるのは10週間後となり、これは再現性が確認されました。
 ところが感染研の鈴木基感染症疫学センター長は「ワクチン接種の関与を明確に否定」しています。しかもその根拠は「1)超過死亡はワクチン接種の増加に先立って発生していること、2)海外からワクチン接種が超過死亡の原因とする論文の発表がないこと」という、いずれも説得力に欠けるもので、小島教授はニュージーランドでの「ワクチンの追加接種後に生じた超過死亡に関する論文」で反証をあげておられました。ニュージーランドは日本と同様に2020年の超過死亡が見られなかった国ですが、日本でもニュージーランドでも「累積接種率と累積超過死亡とには、有意な正の相関がみられた。」元記事の表で確認できます。
 感染研はこれらを踏まえて超過死亡を国民に説明すべきです。
(まのじ)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。


————————————————————————


配信元) Twitter
========================================
Twitter記事を転載できませんでした。
元記事をご覧ください
========================================
————————————————————————
国立感染研は超過死亡の原因についての見解を改めて示すべきだ
引用元) アゴラ言論プラットフォーム 22/10/4 名古屋大学名誉教授 小島勢二
(前略)
(中略)9月16日に厚生労働省から、2021年の人口動態統計の確定数が公表された。昨年は、前年を67,101人上回る死亡数であった。東日本大震災のあった2011年でさえ、前年を上回った死亡数が56,054人であることからしても、この数値は衝撃的である。
(中略)
今年になっても、超過死亡の増加は続いている。図1は、1月から6月末までのコロナ感染による死亡と超過死亡の累積数を示す。コロナによる死亡が12,195人に対して、超過死亡数は41,919人で2021年と同様、超過死亡はコロナによる感染死を大きく上回る。
(中略)
筆者は、これまでも、わが国で観察された超過死亡の原因として、ワクチン接種後の死亡の可能性を論じている。
(中略)
このように、再現性をもって、ワクチン接種から10週前後に、超過死亡が観察される時期が始まっており、ワクチンの接種開始と超過死亡発生との時間的関連は明白である。


しかし、2022年2月18日に開催された第76回厚生科学審議会で、感染研の鈴木基感染症疫学センター長は、超過死亡の原因として、ワクチン接種の関与を明確に否定した。
(中略)


次に、日本における累積追加接種率と累積超過死亡との関係を図4に示す。3回目累積接種率と累積超過死亡数の間には、ニュージランドで観察されたのと同様に、相関係数0.99と極めて強い正の相関が見られた。



図4 日本における累積追加ワクチン接種率と累積超過死亡との関係




追加接種後の情報が出そろった現在、国民の関心が高い超過死亡について、感染研が新たな見解を示す時期が来たと思われる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転載おわり



ソーラーフラッシュで地球を破壊、それをオリオングループの仕業にする計画のブルー・エイビアン、ニューガーディアン、アンシャール、ズールー族などの悪質な宇宙人たち 〜 こうした巨悪の片棒を担がされているコーリー・グッド氏とSSPアライアンス

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ソーラーフラッシュで地球を破壊、それをオリオングループの仕業にする計画のブルー・エイビアン、ニューガーディアン、アンシャール、ズールー族などの悪質な宇宙人たち 〜 こうした巨悪の片棒を担がされているコーリー・グッド氏とSSPアライアンス


竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、コーリー・グッド氏の言う「スーパーアース」神話は、“その根拠がきわめて怪しい”とコメントしました。「スーパーアース」神話が虚構であることは、8月28日の記事のコメントで詳しく説明していますので、そちらを参照してください。
 また、「スーパーアース」神話の詳しい内容は、「SSPアライアンスの公式リリース8」をご覧ください。
 この報告書の中に、「プレアダマイトが古代の防衛グリッドをハッキングし、兵器として使用した結果、グリッドは完全に崩壊してしまいました。このとき、20億年以上にわたって隔離されていた空間に、地球外種族が入り込むことが可能になりました。」と書かれています。
 しかし、9月5日の記事で紹介したアレックス・コリアー氏の「地球に入植した宇宙人」の年表をご覧になると、BC89万9701年のシーカー星人(ドラコ)の入植を皮切りに、その後も続々と宇宙人が地球に入植をしています。この年表は、アレックス・コリアー氏がコンタクトをしたアンドロメダ評議会の宇宙人からの情報であり、私はこの情報の年代が一の位まで完全に正しいことを確認しています。
 コーリー・グッド氏の「スーパーアース」神話では、プレアダマイトがスーパーアース(ティアマト)を破壊したのは約50万年前です。古代の防衛グリッドの破壊によって、“20億年以上にわたって隔離されていた空間に、地球外種族が入り込むことが可能になった”と言っているわけですが、アレックス・コリアー氏の年表の情報から、この神話が嘘であることが分かります。
 このように、コーリー・グッド氏が信じ切っている「スーパーアース」神話は、全てが嘘と言える代物で、かなり悪質です。こうした嘘を平気で垂れ流すのが、ブルー・エイビアン、ニューガーディアン、アンシャール、ズールー族です。
 冒頭の動画の1分38秒で、アメリカ国防情報局(DIA)の文書では、“ワームホールトラベルが宇宙のクモの巣を通して可能だと述べている。古代創生種族も同じクモの巣を使い、私達の星団の周りに銀河保護グリッドを建設した。プレアダマイトはこれを兵器にしようとした。このグリッドからのフィードバックを使って敵の星を爆発させ、文明を滅ぼそうとね。でもタイミングが悪かった。エネルギーがクモの巣を通るとき、タイミングが運悪く太陽がフレアした。そのときティアマトが破壊され、火星から大気がなくなってしまった。それは地球やその他の惑星の大気にも影響を与えた。これを機に軌道が変わってしまった。”と言っています。
 ワームホールトラベルが可能で、古代創生種族が構築した銀河保護グリッドを兵器にしようとしたプレアダマイトと言う宇宙人は、何故か“太陽フレアが起こるタイミングは分からなかった”のですね。ポータルが開くタイミングは分かるのに、不思議ですね。
 こんな子供騙しの神話にどのくらいの地球人が騙されるのかは分かりませんが、どうやら先のブルー・エイビアン、ニューガーディアン、アンシャール、ズールー族と言った悪質な宇宙人たちは、ソーラーフラッシュ(またの名をマイクロノヴァ)で地球を破壊して、それをオリオングループの仕業にするつもりのようです。そして、こうした巨悪の片棒を担がされているのがコーリー・グッド氏とSSPアライアンスです。
 コーリー・グッド氏は、“私たちはオリオングループがそれを繰り返そうと狙っているのだと考えています。”と言っていますが、オリオングループは何を繰り返そうとしているのでしょう。プレアダマイトは古代創生種族が構築した銀河保護グリッドを、スーパーアースと共に破壊してしまったはずです。
 ソーラーフラッシュによる地球破壊計画は、先の「悪質な宇宙人たち」が仕えていたハイアラーキーの計画です。この連中はハイアラーキーが滅びたことすら理解していないらしい。
 地球のカバールは、キンバリー・ゴーグエンさんのチームが上から順に消滅させています。スーパー連邦の「悪質な宇宙人たち」は、神々が駆除している最中です。今滅びているのは、コーリー・グッド氏が接触している宇宙人たちです。
(竹下雅敏)
注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。


————————————————————————


コーリー・グッド2022年9~10月アップデート
引用元) コズミック・シークレット JAPAN 22/09/29
(前略)

(中略)
コーリー・グッド:火星に住んでいたグループがそこで起きた大異変をきっかけに、月をアーク(方舟)にしてここに持ってきました。
(中略)
私たちはこのことの多くをETグループから学んだだけでなく、月で発見したものからも学んでいました。そして、過去2回のマイクロノヴァ、ソーラーイベントを経ていたことについても。マイクロノヴァは12000年周期で発生しますが、実際、それ以上に頻繁に起こっています。しかし、大きなものは12000年周期で起こります。そして特に最後のマイクロノヴァでは、月のテクノロジーが破壊されました。プリアダマイトは、ほとんど日食の位置のようなちょうどいい場所に月を動かすことができ、この最後のソーラーイベントからの放出物が衝突したときに、地球の大部分を遮蔽したのです。それでも、環境が激変するような問題は起きましたが、地球の大部分を遮蔽したのです。私たちはオリオングループがそれを繰り返そうと狙っているのだと考えています。しかし、この最後のソーラーイベントの当時、地球はかなり保護されましたが、月の古代技術は完全に破壊されました。唯一機能していたのは、プリアダマイトが作った潮汐ロック重力フィールドで、月を地球の軌道にロックしたのです。
(中略)
ソーラーイベントは来ます。それと、悪い者たちが負けているからでもあります。彼らはパニックになっているんです。それには大きな理由があります。グローバル銀河国際連盟(GGLN)と私たちがズールーと呼ぶエイオス人のエミの協力です。エイオス人はスーパーヒーローのように超越し、進化しています。彼らはGGLNを助けてきました。エミがGGLNのワンダリングスター号に同船してしばらく経ちます。
(中略)
火星の2つの複合施設はGGLNとワンダリングスターによって救助されました。エミは彼の能力か何らかのテクノロジーを使って、オリオングループと銀河連邦の兵器を彼ら自身に向けました。そして何十もの全長数マイル級の船や、何百もの様々なET船が、バスケットボールのサイズに押しつぶされ、火星の軌道上に漂っています。ワンダリングスター号は一発も撃つ必要はありませんでした。ズールーのエミは彼の持つ何らかの能力を駆使し、敵の攻撃をすべて彼らに向け直したのです。オリオングループもこのことに非常に焦っています。彼らはこの救出劇を、GGLNがこの太陽系を取り戻すための予行演習として行った可能性があると見ているのです。
(以下略)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転載おわり



ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第52話 ― 自民党の結党

「シャンティ・フーラ」よりの転載」

転載はじめ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第52話 ― 自民党の結党


 『Yahoo!知恵袋』のベストアンサーに次のものがありました。
「 政党 」は 政治的に思想・信条などを同じくしている人間が集まって成り立つ団体です。
確か、私が子供の頃はこのように習ったような記憶があります。しかし、「政治的」の語が入っているから何とも言えない部分は残りますが、「思想・信条などを同じくしている」というのは政党の実態とは大きく離れているように思います。
 例えば、自民党は「保守政党」とされますが、思想・信条として何を「保守」している「政党」なのか?
 普通は日本の伝統文化がその対象だと思うでしょう。しかし、自民党は「だまし討ち」でTPPを導入するなど、平気で日本の伝統文化など破壊してきました。普通の感覚で言えば、「保守」の思想信条で動いてなどいないのは明白です。政治が最優先で思想信条などは全くの後付の見せかけということで、彼らにとって政治は支配の道具です。
 ただし思想信条は別として、「政党」には「似た者同士」が集っているのは確かでしょう。「権力の側に、支配者側にありたい、そのために現在の立ち位置で利用できるものは何でも利用する」、自民党を始めとする多くの政治家に共通するのはこの嗜好性でしょう。つまり思想信条ではなく、多くの政治家は「野心」で動いているということです。
*「政党」は政治的な嗜好性を同じくしている人間が集まっている団体です。
こう表現すると、かなり実態に近づくとは思います。
 また思想で言えば、「資本主義」と「共産主義」は全く異質で、逆のものとされます。…しかし見せかけと言葉の違いだけで、中身は同じものともなります。極少数者による民衆奴隷支配です。「資本主義」では資本を独占する者が、「共産主義」ではその社会を管理する者が、このそれぞれが、民衆を奴隷支配できる絶対支配者になれるのです。自民党はこの「資本主義」側の養護者となっていったのです。
 ただし、自民党結党時には骨のある毛色の変わった人物たちが党内に存在してもいました。
(seiryuu)
————————————————————————


ユダヤ問題のポイント(日本 昭和編) ― 第52話 ― 自民党の結党



「第五福竜丸」被爆の実情


*1945(昭和20)年: 第2次世界大戦終了。日本はGHQの統治下に。
*1947(昭和22)年: 米ソ冷戦が始まる。
*1948(昭和23)年: 韓国と北朝鮮が建国。イスラエル建国宣言、中東戦争に。
*1949(昭和24)年: 共産中国が建国。中国国民党は台湾へ。
*1950(昭和25)年: 朝鮮戦争が始まる。1953年まで激しい戦闘。
*1951(昭和26)年: サンフランシスコ講和条約・日米安保条約。日本は形式上独立。
*1953(昭和28)年: スターリン暗殺。
*1954(昭和29)年: ビキニでの米水爆実験で「第五福竜丸」被爆。統一教会創設。
*1955(昭和30)年: 自民党結党(CIAの手引による)。


1954年、統一教会が創設された同年の3月から、ビキニ環礁にて米国による連続の水爆実験が行われました。

【HD映像】ビキニ環礁水中核実験~Underwater atomic bomb test in Bikini Atoll


アメリカによるビキニ環礁での水爆実験の様子


米軍はこの水爆実験の爆弾の威力を低く見積もり、危険地域を狭く設定したため、安全とされた区域で操業していた多くの船舶が被爆することになりました。その中に「第五福竜丸」があり、船員たちが「死の灰」を浴び、久保山愛吉無線長は、被爆した3月1日から約半年後の9月23日に死亡するという事件となりました。


ウィキペディアの「第五福竜丸」記事には、「第五福竜丸が浴びた放射性物質とその被害は、1954年の映画『ゴジラ』が制作される動機にもなった。」との記述と共に、


第五福竜丸は救難信号 (SOS) を発することなく、ほかの数百隻の漁船同様に自力で焼津漁港に帰港した。これは船員が、実験海域での被爆の事実を隠蔽しようとする米軍に撃沈されることを恐れていたためであるともいわれている。


ともあります。米ソ冷戦・東西対立の深刻化、米ソはそれぞれ宇宙開発と核兵器開発競争を激化させている途上での事件でした。


この世界潮流の中で、コントロールが全く不能で翻弄されるしかなかった日本の姿が「ゴジラ」「米軍に撃沈されることを恐れていた」との表記に見て取れます。 1951年のサンフランシスコ講和条約にて日本は形式上独立となりますが、同日に結ばれた日米安保条約で、日本の米軍による軍事占領は継続されていたのです。


「第五福竜丸」事件にて、日本では原水爆禁止の運動が本格化する反面、米国から原子力の平和利用が謳われており、日本では「第五福竜丸」事件と同時期に、原子力発電所が次々に建設される動きが本格化していました。ウィキペディアの「日本の原子力発電所」に次にある通りです。


日本における原子力発電は、1954年(昭和29年)3月に当時改進党に所属していた中曽根康弘、稲葉修、齋藤憲三、川崎秀二により原子力研究開発予算が国会に提出されたことがその起点とされている。

中曽根康弘
Wikimedia Commons
[Public Domain]

正力松太郎
Wikimedia Commons
[Public Domain]


日本の原子力の父とされるのが、中曽根康弘と読売新聞の正力松太郎です。共にCIA工作員であったのには間違いなく、正力松太郎にはポダム(podam)なるコードネームもあります。言うまでもなく、日本の原発にはCIAの思惑があったのです。


それと黒龍会の3代目総裁であった中曽根康弘同様に、正力松太郎も裏天皇の部下であったでしょう。つまり、日本の原発乱立はCIAの思惑もありますが、「核兵器を保持したい」という裏天皇グループの動きもあったと見て間違いないのです。地震国日本での原発乱立、これがやがて2011年のフクシマ事故に繋がります。


☝ お・さ・ら・い

福島第一原発3号機の爆発についての解説 4月26日


【ガンダーセン教授が指摘する3号機の核爆発について】
何が3号機の爆発を引き起こしたか?
明らかに3号機は爆発であり、その二つの理由があります。
一つは、噴煙が上方に立ち昇っている大きさ。
二つ目は、赤い閃光が建屋の側面で光ったこと。
(中略)
①水素・酸素の化学反応が始まり(水蒸気爆発が起こり)、
②それによって燃料棒が激しく動いて変形するような衝撃波が生じた。
③使用済み燃料プールでの燃料棒が変形し(集約したことで)、即発臨界による核反応を引き起こした。
④その反応が、プールから燃料棒・燃料棒集合体などを吹き飛ばし、噴煙を浮き上げる爆発のエネルギーと3号機での劇的な場面を作り出した。



(続きはこちらから)
日本の「保守政党」の意味


1955年11月15日、日本民主党と自由党が合同し、自由民主党が結成されます。これを「保守合同」ともいいます。この「保守合同」は今では考えられないことになっていますが、当時の日本は社会党が強大な勢力となっており、それに対抗するためのものだったとよく言われています。



合同に向け永田町グランドホテルで会談を行う、日本民主党と自由党の指導部(左から、大野伴睦、三木武吉、岸信介、石井光次郎)
Wikimedia Commons [Public Domain]


ここには当然ながら米国(CIA)の思惑があり、それに裏天皇グループが協力していることが見えます。『戦後史の正体』p180には以下の記述があります。


米国のジャーナリスト、ティム・ワイナーによれば、米国のダレス国務長官は自民党結党三ヶ月前に岸信介・日本民主党幹事長に会い「もし日本の保守政党が一致して共産主義者とアメリカの戦いを助けるなら[経済的]支援を期待してよい」と明言したそうです。(『CIA秘録』文藝春秋)
その後も1960年代まで、CIAを通じて自民党に政治資金が提供されつづけたことが、米国側の公文書で明らかになっています。

ジョン・フォスター・ダレス
Wikimedia Commons
[Public Domain]

岸信介
首相官邸 [CC BY-SA]


自民党結党には、CIAそして裏天皇の堀川辰吉郎の直接の部下であった岸信介の働きが大きかったことが見て取れるのです。


さて、この「合同」した「保守」とはどういう意味なのでしょうか?


現在でも、自らを「保守本流」だと名乗っている自民党系の政治家が多くいます。彼らを「保守」以外に「右翼」だとか「国粋主義」とか呼ぶ場合も見受けられます。逆の勢力を示すのに、「革新」「左翼」「リベラル」という語が使われたりもします。


しかし、これらの語は中身が曖昧で線引きも困難です。特に「右翼」などは、ウィキペディアの「右翼」記事を読めば、その意味はとても規定できないことがわかります。


また、実際に議員が「保守」を名乗っていても、通常の感覚では「保守」などとはとても見て取れない場合が多いのです。「ただの米国隷従ではないか、米国隷従で自分の権力を維持するために国民の利益を、日本の伝統文化も平気で破壊しているではないか、これが保守か?」と思えるケースが非常に多いのです。


戦後日本の場合は、ウィキペディアの「保守」記事に、


戦後、「保守」とは語義通りではなく反動や復古主義の意味をはらむようになる。1955年、自由民主党は「立党宣言」の中で秩序の中に前進を目指し、保守政党を謳った。


とあるぐらい「保守」を名乗っても、その中身は掴みどころがないものとなっているのです。


ただし、ウィキペディア 「保守政党」記事に、


19世紀末ごろ、先進国に社会主義政党が登場するようになると「保守政党」は資本主義の価値を代表し、擁護する政党を指すようになった。


とあります。これを参考にすれば、日本の「保守政党」をあえて規定すれば、「資本主義の価値を代表し、擁護する政党」ということになると思います。こう解釈してやっと「資本主義の価値を代表」の国家が米国なので、自民党が米国に隷従するのは普通ということになります。資本家や無国籍の大企業を自民党が擁護するのも、この意味で合点いくとなります。



自民党の複雑な部分


自民党の結党の前に、日本民主党の鳩山一郎と自由党の吉田茂の対立があったのです。自民党結党によって、吉田茂から鳩山一郎に日本国首相は移行します。

吉田茂
Wikimedia Commons
[Public Domain]

鳩山一郎
Wikimedia Commons
[Public Domain]


一般的に「保守本流」は吉田茂の流れを汲むもの、鳩山一郎派などは「保守傍流」と称されていたのです。「保守合同」とは言ってもその中身、合同した人物群は種々バラバラの寄せ集め所帯だったのです。それで「保守合同」以降に自民党内で派閥争いを延々と繰り返していくことになります。


アベシが「憲法改正が自民党結党時以来から党是だった」と強調していましたが、これなども真っ赤な嘘です。自民党内でも日本国憲法に対する対場はそれぞれ異なってもいましたし、時代によっても党首の憲法に対する発言も異なっているのです。


バラバラながらも概ねとしては、自民党は「米国隷従」の政党になっていくのであり、そのスタート時からその要素は色濃くありました。ただし、だからこそというべきか、複雑な部分があるのです。


「米国隷従」の代表が吉田茂でした。しかし彼は「保守合同」で降ろされています。『戦後史の正体』を読めば、米国ベッタリの吉田茂も当時の米国の意向とは異なり、「日本の再軍備に熱心でない」ため米国から排除されたことが分かります。鳩山一郎は積極軍備論で、この点は米国に期待されたようです。米国の中でもその勢力図は変化するのです。


その米国に隷従するならば、日本は常にその動きに振り回され翻弄されることになります。現在日本、そのままの姿です。


自民党は「米国隷従」の政党になっていくのですが、最初から揃ってそうだったわけでもないのです。鳩山一郎は積極軍備論でしたが「対米自主路線」を看板にしていて、米国に睨まれながら日ソ国交回復に尽力し、それを果たしました。鳩山一郎政権で外務大臣だった重光葵は訪米し、日米安保条約の主役であったフォスター・ダレス国務長官を相手に「米軍撤退」を提言しているのです。


鳩山一郎政権退陣後に首相に選出された石橋湛山は、堂々と対米自主独立宣言を表明。「在日米軍問題」と日中関係に正面から取り組もうとしました(残念ながら急病によって僅か2ヶ月で石橋政権は退陣)。


そして意外にも『戦後史の正体』では、「自主路線」を表明した人物として岸信介の名が挙げられています。岸信介は「清和会」の源流であり、「自民党本流」とも称される人物なのですが…。



Writer
seiryuu様プロフィール
seiryuu


・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。
これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転載おわり